忍者ブログ
このサイトはAkiくらげのリセやら色々書いていくブログです。
[158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の更新は、ちひろ型にもっと光をと願う、私から送るちひろ型の為のアピールですw



で、そんな訳で久々にちひろ型についてでも語ろうかなとか。

現在の私が使っているのは、雪日ちひろ型。
傍から見れば、雪単に夏みすず入れただけみたいに捕らえられていますが、違います。

実際、私の中では「雪単ちひろ型」と「雪日ちひろ型」は別物と考えています。

で、その違いとは

まず雪単ちひろ型

展開としてはちひろからの一斉展開より、ちひろから3コストキャラを一体出せば良いという考え。

しかも雪単にもなると自然とフィアッカを入れたりしてハンドアドを考えたり木登り張ったりと考えなければいけなくなります。


正直な感想は使いづらいし、圧倒的なフィールド展開を活かせる機会を潰してしまう気もします。

しかし、そういった反面、コスト事故はなく、安定してキャラを出せるのも強みではあります。


続いては、雪日ちひろ型。
このデッキになるとハンアドを考えず、一気に展開し止ればサポートで一気に固める。雪単ちひろとは逆に、フィールド展開を強化したデッキです。

夏みすずからのブースト展開。
1ターン目にしてみすずから、ちひろと繋げ、3コスト軽減キャラを3体
出し、残り手札が不幸。
こういった事が実現化のでもあります(実際にこのデッキを使い、何度もこの展開が出来ました)
私の引きもあるかもしれませんが、そこは他の人が使っていないので検討のしようがありません。

↑は実際、雪単ちひろでも可能なことです。
しかし、その後が問題。
雪単でこれをやるとその後のドローでキャラが沸きにくい、除去も打ちづらいなど問題はいくらでも出てきます。

雪日の場合ですと、日の1ハンドキャラのおかげでブロッカー面をカバーできる。
上手くいけばまたみずずからブーストをかけることが出来るなどリカバリーはこちらのほうが上だと考えています。

しかし、問題はコストのかみ合わなさ、木登り、逮捕など雪本来の力を活かせる機会が減少。
そこが一番の問題ですが、まぁこのゲーム自体殴りきれば勝ちと考えているので、どちらが良いかとは言えません。

これ以外にも共通した問題点はちひろを引くことが大前提になることですかねww

まぁ、とりあえず今日はこの辺で。

次回の更新で今のデッキでも晒しますw

ではではノシ
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
(08/28)
(08/28)
(08/28)
(08/28)
(08/28)
プロフィール
HN:
Akiくらげ
性別:
男性
自己紹介:
リセをやったり、QMAをやったり、麻雀ファイトクラブ5で大三元あがったり、バイクに乗ってずっこけたりと色々忙しい人間です。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
アクセス解析